2015年06月23日

これがオススメ!一発試験の合格に必要な教材。

これから試験場での直接受験、通称一発試験で免許を取得しよう!
という方に、僕が府中試験場の直接試験に合格!運転免許を再取得した時に使った教材をご紹介します。

・学科試験のタメの教材
まずはiPhoneのアプリ。Androidでもあると思いますが、運転免許の学科試験の問題集アプリは沢山あります。

有料のアプリでも良ければ、プレステのゲームにもあった「免許をとろう!」のアプリが非常に使えます(現在は無くなってしまったようです…)
プレイステーションを持ってる方はこのゲームを手に入れておくと良いでしょう。今はAmazonで中古品を探さないと手に入らないですね。
先着一名!僕が持ってる物をお譲りします!

Amazonはコチラ↓
免許をとろう PlayStation the Best

このゲームは学科試験の模擬試験のデータから、自分がよく間違える問題のデータを残して、その問題だけをやる事もでき、やればやるほど自分の苦手な問題をしっかり洗い出してくれます。
非常に有効で効率的な学科試験の勉強ができますよ。
実際の自動車教習所に忠実すぎて、ゲームとしての面白さが無い!という意見もあります。


話をアプリに戻しまして、無料のアプリで最後まで1番よく使ったのが「ポケドラ」という、トヨタ東京教育センター監修のアプリでした。100問の模擬試験は根気が必要でしたが、実際の本免学科試験は100問ですからね。やっておいた方が良いですね。よく間違える問題の復習もできます。

免許関係のアプリを全て試した訳ではありませんが、無料のアプリですのでハジから色々と試してみました。最後まで残したアプリは「ポケドラ」の他にその名もズバリ!の「学科問題」というアプリと「無料1000問!普通免許問題集」というアプリの3つです。
アプリによって問題の傾向も違いまして、その点でも「ポケドラ」が1番優れていたように感じますが、複数のアプリで勉強しておいて下さい。

自動車教習所の提供しているアプリは、入校を促されたり、教習所に通っている人のタメのアプリでパスワードが必要だったりして、スマホにインストールしても無駄に終わる事もあります。


学科試験の勉強には本も一冊必要です。なぜなら先ほどのアプリには実際の本免学科試験に出題されるイラスト問題がありませんので。

ブックオフなどで探したり、ここでもやはりAmazonが役立ちますね。最新でなくても大丈夫だと思います。
僕はいつ買ったかわからない黄ばんだ本を使ってました。

そして1番大切な教材は、
「交通の教則」
学科試験に必要な教材はこれに尽きます!
この交通の教則は全日本交通安全協会で手に入れられます。
交通安全協会のリンク↓
交通安全教材等のご案内 - 一般財団法人 全日本交通安全協会

試験場でも売ってます。あとは不要になった人から貰うなどして手に入れて下さい。


"運転免許の取得に必要な情報はほとんど全て、交通の教則の中に載っております。正しい知識を頭に入れておけば、後はアプリや問題集の本などで問題慣れするのが効率の良い"合格のタメの"勉強ができると思います。"



・技能試験のタメの教材
学科試験のタメの教材や問題集はたくさんありますが、技能試験のタメの本となると非常に少ないです。

僕が参考にした本は
「現役教官が教える普通免許合格テクニック」
という本です。

数少ない、技能試験の合格ポイントについて書いてある本で、付属のDVDで車の運転のイメージを持つことができるとともに、車内と車外のマルチ画面で、わかりやすく縦列駐車や方向転換など、技能試験の課題クリアのポイントを学べます。

現役教官ですので、自動車教習所で教わる事と同じ事を、この本とDVDでまとめて知れちゃうんですね。おすすめです。


DVD付現役教官が教える普通免許合格テクニック


あとは実践しないと運転技術は上がりません。貸しコースをやっている自動車学校や、試験場の試験コースの解放などを利用して練習しましょう。

僕は上北沢自動車学校の貸しコースで運転の練習をしました。その模様はコチラ↓


"そして、もしあなたが免許の取消処分を受けていて、取消処分者講習を受けなければならないのであれば、仮免の技能試験の前に、この取消処分者講習を受ける!これが大切なポイントです。教習所の教習をギュっと詰め込んだような講習を受けることができますので。"



ちなみに府中試験場のコース図はコチラ↓

まとめまして、一発試験の合格に役立つ教材は
・学科試験の教材
交通の教則
アプリ「ポケドラ」
古本で良いので問題集
・技能試験の教材
「現役教官が教える普通免許合格テクニック」
です。お役に立てれば幸いです。



スポンサードリンク




posted by なーべら at 10:32| Comment(0) | 勉強と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

目の錯覚?交通事故の原因にもなる運転中に気をつけたい目の錯覚とは。

上り坂に見える下り坂、下り坂に見える上り坂。

こういう坂があるのはテレビなんかでよく見ると思いますが、他人事ではありません。実際にもよく出会う現象ですからね。

特に怖いのは、カーブになってる上にこんな目の錯覚が起きる場所です。下り坂に見えない下り坂のカーブで、思いの外スピードが出ており、曲がりきれずに慌ててブレーキ!

さらにそれが高速道路の場合、視界が遠くに集中していたり、スピードの感覚も普通の道路より早くなっていますし、大きな事故にもつながりやすいので注意が必要ですね。

そんな場所には大体、注意を促す看板が手間にあります。見逃さないようにしましょうね。せっかく見たのに自分は大丈夫なんて思っては駄目ですよ〜。
運転中は事故を起こさない為にも、いろいろな所に気を配りましょう。


目の見え方
目の錯覚といいますか、最近話題になった青と黒の色のワンピースの写真が、人によって白と金色のワンピースに見える写真。

僕は白と金色にしか見えませんでした。

周りの人に聞くと、青と黒に見える人、白と金色に見えるけど「青と黒だよ。」と言うと「ホントだ!」と言って青と黒に見えるようになる人。青と金色に見えるって人も居ましたね。

このように光の具合によって見え方が違ってくる現象は、きっと夜間の車の走行の際の視界にも影響するのではないでしょうか?
夜間は高速道路の入り口の看板がよく見えなかったり、分岐の場所で道路がどっちに向いてるかわからなくなったりしませんか?

僕の対処法
そんな時は、僕の場合、一瞬だけ視界を近くの見える物に移すと他の場所も把握できて見えるようになったりします。高速道路の運転中も同じく、たまに視線を近くに移して遠方ばかりに集中するのを防いでいます。



芸能人の事故としてまだ記憶に新しい桜塚やっくんの事故、原因はカーブの形状とも言われていました。
事故が多発する"魔のカーブ"、通常のカーブは外側が高くなって遠心力を抑える形状をしているのに対して、魔のカーブは逆の形状。カーブの外側が低くなっているらしいですね。遠心力が思いのほか強くなり、制御できなくなる。
きっと運転中のドライバーにはわからない、フラットに見えるような形状をしているんでしょう。


"高速道路"、"目の錯覚"、"道路の形状"
これらの事が重なりますと、自分では気が付かない危険がたくさんありますね。

ゴールデンウイークにも入りまして、車で人気のスポットや行楽地にお出かけって方も多いと思います。車も多いです。また、慣れない運転の車も見かけるようになりますので、運転に慣れているドライバーさんは思いやりのある運転をして下さい。
事故でイヤな思いをするのは双方ですから。周囲に気をつけ、自分の運転技術を過信せず、くれぐれもゴールデンウイークの楽しい思い出が悲しい思い出にならないようにして下さい。

車の運転が楽しい物になりますように。


スポンサードリンク


posted by なーべら at 08:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント