これがオススメ!一発試験の合格に必要な教材。

これから試験場での直接受験、通称一発試験で免許を取得しよう!という方に、僕が府中試験場の直接試験に合格!運転免許を再取得した時に使った教材をご紹介します。 ・学科試験のタメの教材まずはiPhoneのアプリ。Androidでもあると思いますが、運転免許の学科試験の問題集アプリは沢山あります。 有料のアプリでも良ければ、プレステのゲームにもあった「免許をとろう!」のアプリが非常に使えます(現在は無くなってしまったようです…)プレイステーションを持ってる方はこのゲームを手に入れておくと良いでしょう。今はAmazonで中古品を探さないと手に入らないですね。先着一名!僕が持ってる物をお譲りします! Amazonはコチラ↓免許をとろう PlayStation the Best このゲームは学科試験の模擬試験のデータから、自分がよく間違える問題のデータを残して、その問題だけをやる事もでき、やればやるほど自分の苦手な問題をしっかり洗い出してくれます。非常に有効で効率的な学科試験の勉強ができますよ。 実際の自動車教習所に忠実すぎて、ゲームとしての面白さが無い!という意見もあります。 話をアプリに戻しまして、無料のアプリで最後まで1番よく使ったのが「ポケドラ」という、トヨタ東京教育センター監修のアプリでした。100問の模擬試験は根気が必要でしたが、実際の本免学科試験は100問ですからね。やっておいた方が良いですね。よく間違える問題の復習もできます。 免許関係のアプリを全て試した訳ではありませんが…

続きを読む

目の錯覚?交通事故の原因にもなる運転中に気をつけたい目の錯覚とは。

上り坂に見える下り坂、下り坂に見える上り坂。 こういう坂があるのはテレビなんかでよく見ると思いますが、他人事ではありません。実際にもよく出会う現象ですからね。 特に怖いのは、カーブになってる上にこんな目の錯覚が起きる場所です。下り坂に見えない下り坂のカーブで、思いの外スピードが出ており、曲がりきれずに慌ててブレーキ! さらにそれが高速道路の場合、視界が遠くに集中していたり、スピードの感覚も普通の道路より早くなっていますし、大きな事故にもつながりやすいので注意が必要ですね。 そんな場所には大体、注意を促す看板が手間にあります。見逃さないようにしましょうね。せっかく見たのに自分は大丈夫なんて思っては駄目ですよ〜。運転中は事故を起こさない為にも、いろいろな所に気を配りましょう。 目の見え方目の錯覚といいますか、最近話題になった青と黒の色のワンピースの写真が、人によって白と金色のワンピースに見える写真。 僕は白と金色にしか見えませんでした。 周りの人に聞くと、青と黒に見える人、白と金色に見えるけど「青と黒だよ。」と言うと「ホントだ!」と言って青と黒に見えるようになる人。青と金色に見えるって人も居ましたね。 このように光の具合によって見え方が違ってくる現象は、きっと夜間の車の走行の際の視界にも影響するのではないでしょうか?夜間は高速道路の入り口の看板がよく見えなかったり、分岐の場所で道路がどっちに向いてるかわからなくなったりしませんか? 僕の対処法そんな時は、僕の場合、一瞬だけ視界…

続きを読む

タイムズカーシェアリングで乗った車

免許を再取得してから、車の運転をしたい時などにタイムズのカーシェアリングを!非常に便利で利用しています。 長めに予約しても利用料金は乗った分だけ。例えば3時間の予約で2時間で返却した場合、請求される利用料金は2時間分になるんです。 <script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3177453&pid=883355079"></script><noscript><a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3177453&pid=883355079" target="_blank" ><img src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3177453&pid=883355079" height="100" width="300" border="0"></a></noscript> 乗れる車も様々で、車種はベーシックプランだけでも20種以上!まぁ自分の利用するステーションに置いてある車が何かによるので、全部から選べる訳ではないんですが。近くにステーションが複数ある場合は車種はあまり被ってないと思います。色んな車に乗り…

続きを読む