2016年01月23日

一発試験の前に!裏校は行くべき?

全国の試験場の周りには、早朝から試験対策として、ヘッドホン講習が受けられる、通称裏校(ウラコー)と呼ばれる所があります。

試験場での直接受験で一発合格をするには、裏校(ウラコー)の講習を受けた受けた方が良いのでしょうか?

僕の経験からお話ししたいと思います。
裏校(ウラコー)の体験談に関する記事はコチラ↓
裏校の勉強内容

裏校の勉強風景



裏校(ウラコー)の講習はどんなもの?
裏校(ウラコー)と呼ばれる所では、過去の膨大なデータと長年の経験から、一発試験に出題されやすい問題を、集中的に学ぶことができます。
問題がズラリと書いてある紙と同じ問題が、ヘッドホンから次から次に流れ、わからない問題を飛ばしながらどんどん解いていきます。

一通りの問題をやり終えたら採点して、間違えた問題はその場にいる講師が、正解と内容を教えてくれます。

終わったら再び別の問題にとりかかる。
これを時間の許す限り繰り返します。

半ば強制的に勉強させられる訳ですが、講師の方の解説は、優しくて丁寧です。
しかしながら同じ問題ばかり間違えていたり、集中力が欠けているとなると、時には厳しく注意もしてくれます。

1日限りの生徒ですが、生徒さんに試験場での試験に合格してもらうタメですね。


問題を解くコツも?
試験場の試験に出題される問題は、問題の文章が正解か誤っているかの二択問題と危険予測のイラスト問題。
引っ掛け問題という訳ではありませんが、答えに迷ってしまう問題もあります。
そのような場合に、こんな問題文はこちらを選ぶと良いですよ。というような、答えを導き出すパターンというか、コツのようなことも教えていました。


裏校(ウラコー)は行くべき?
まだまだ一発試験の合格に自信の無い方も、それなりに合格の自信がある方の最終確認にも、一発合格のための仕上げ!お金を払って行く価値はあると思います。
本当に合格の自信がある方や、試験の時間まで自分で勉強したい方は、もちろん行く必要が無いですよね。


・スポンサードリンク


posted by なーべら at 07:13| Comment(0) | その他お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

目指せ一発試験の一発合格!技能試験の勉強に役に立つ本

府中試験場に限らず、自動車運転免許の一発試験で、一番合格が難しいのは、「仮免技能試験」だと思います。

僕自身は、仮免の技能試験は2回での合格でした。
できれば1回で合格したかったところですが、2回で合格できたのもこの本があったからだと思ってます。


それがこちら


DVD付現役教官が教える普通免許合格テクニック


王子自動車学校の現役教官が、技能試験の合格のタメのポイント、運転方法などを詳しく教えてくれます。

一発試験を受ける方には、知っている方も多いと思いますが、合格するには合格するための運転方法があります。

取消処分からの運転免許の再取得で、いかに運転技術に自信があっても、この合格のための運転ができないと、府中試験場での技能試験には合格できません。


車庫入れのやり方?そんな事知ってるよ!という方も一度しっかり復習しておいた方が良いと思います。


例えば初心者にとって一番の難関の縦列駐車の方法。

・まずは左後方の窓からポールが見えたらハンドルを左いっぱいにきる。
・そのままバックして、右サイドミラーに縦列駐車のスペースの角のポールが見えたらハンドルをまっすぐに戻す。
・まっすぐバックして、前輪がまえのポールを過ぎるあたりでハンドルを右にきる。

これで縦列駐車はできます!考えなくても、この本に書いてあるままにやれば、縦列駐車はできるんですよね。
自動車は機械ですから、方法を守ればその通りに動いてくれます。


この本に付属のDVDなら、この他にもS字やクランクコースのクリアの方法も、マルチ画面による解説で非常にわかりやすく、実際の運転もイメージしやすいんですよね。

僕自身が一番苦労したのは、この本ではサラッと読み流してしまいましたが、実は左折の時の左の寄せだったんですけどね…

そういったポイントや、他にも坂道発進踏み切りで見落としがちなこと、それから本免の技能試験である路上試験での運転で気を付けるところも解説してくれてます。

よくある失敗の例やミスも紹介されてます。
技能試験は減点方式、要するに減点のポイントが少なければ合格できるんですよね。

自動車学校の現役教官が、試験場での試験の合格のためのポイントをまとめて解説してくれるこの本があれば、一発試験の合格に一歩近づくことでしょう!

Amazonでの購入はこちら
楽天での購入はこちら

・スポンサードリンク


posted by なーべら at 17:04| Comment(0) | 技能試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント