上北沢自動車学校の貸しコースで仮免試験の練習!

上北沢自動車学校の貸しコース、連絡して貸しコースの利用方法を問い合わせてみると、予約もいらず、貸しコースの始まる時間の前に、直接受け付けに来て下さいとの事。料金は 貸しコースのみ  2,050円貸しコースと貸し車両  3,400円 当然の事ながら同乗者も必要だろうと思い、ペーパードライバーながらもゴールド免許の嫁さんを連れて、いざ!桜上水の上北沢自動車学校へ! 上北沢自動車学校は桜上水の駅から歩いて10分弱、ほぼ一本道でわかりやすい場所にあります。貸しコース用の受け付けは結構直前にならないと開かないので、通常の教習が終わった静かな教習所の中、人もまばらでどこで受け付けだろう?と戸惑います。しかし自動車教習所って懐かしい~ 時間になって貸しコースの受付が始まると、何人か待ってる人が居たのでその人達について並び、3番目ぐらいで受け付け、申し込んで料金を払って、あれ?お金を払ったら何も聞かれず貸し車両に案内されます……… なんと!運転する人の事も同乗者の事も何も言われず!免許の事なんかも何も聞かれずいきなり運転できる︎こんなゆるくて良いのでしょうか?事故でもあった時の準備は流石にあるんでしょうが、なんとアットホームな雰囲気でしょう。あまりのゆるさにビックリしつつ、約7年ぶりの運転スタート!ドキドキ… スポンサードリンク

続きを読む

仮免試験のタメの自主練習!

府中試験場で仮免の技能試験を受けるにあたり、どこでどのように運転の練習をするのか?直接受験をする人には次々とどうしたら良いのかわからない壁が現れます。基本的には練習方法は2つ。 1  府中試験場のコース解放を利用する。 2  教習所の貸しコースを利用する。 ただし、どちらにも条件がありますね。府中試験場のコース解放は試験の行われていない土曜日と祝日およびその振り替え休日(日曜日はありません)のみ。車両は持ち込みで運転経歴が3年以上の同乗者が必要です。練習時間は ①09:45~10:45②11:15~12:15③13:30~14:30④15:00~16:00 1人一日に1時間で予約制、料金は2000円と保険が200円で2200円です。実際に試験を受けるコースで練習できるというメリットがありますね。 一方、教習所で練習する場合の方が条件がゆるくなりますが、教習所の場合も車両は持ち込みの場合が多いです。詳しくは各教習所に訪ねてみましょう。 都内で貸しコースをしているところで僕が調べたのは2校。 大泉自動車教習所と 上北沢自動車学校です。 さて、僕もそうなんですが、多くの人は車両の持ち込みといわれても、簡単に借りれる車や同乗者を見つける事は難しいのではないでしょうか?ですので車両も貸してもらえるという条件を加えますと"上北沢自動車学校"こちらしかありません。 貸しコースをやっているのは平日(土曜日も含みます)の20時〜22時と日曜祝日の17時30分~19時30分と…

続きを読む

裏校の勉強風景

府中試験場で仮免学科試験の受け付けを済ませ再びサクセス府中校に戻ると、今度は別のファイルと回答用紙のマークシートが渡されます。筆記用具は用意しておきましょう。忘れた時はこちらで、、売ってます… 先生?がファイルを開いて問題を選び、回答用紙に選んだ問題の番号を書きます。「この問題をやって下さいね〜」という事で、20問の問題を解いていきます。 確かに間違えやすそうな問題や引っ掛け問題が多いです。 終わったら先生に声をかけて採点、時間は決まってないので模擬試験とは違いますね。透けやすい回答用紙のマークシートを正解の塗りつぶしてあるマークシートの上に重ねて採点。おっ!一回目満点! ちなみに僕は見た目がそれほど頭が良さそうに見えないので先生もビックリ、失礼な!人は見かけで判断してはいけませんね〜。 間違えた問題は先生が解説してくれます。解説とともに関連する事も説明してくれるので、似た問題にも対応できるようになると思います。 周りの人も同様にしている方が5〜6人、中には「同じ問題ばかり間違えてるよ!」「さっきから集中力が落ちてきてる?」などの注意をされている人も。まさに学習塾のような雰囲気で、一枚終わるとまた次の20問、終わるとまた次、中々ハード!というかお腹が空きました… いったいいつまでやるんだ?後半は少しレベルを上げた問題もやり、本免試験を受ける人はイラスト問題のポイントの解説が12時ぐらいから始まるのでそれを聞き、結局12時半ぐらいまで続きました。最後は「もう大丈夫そうですか?」と聞かれ…

続きを読む