取消処分者講習

1回目の仮免技能試験が不合格に終わった後、次に受けたのが取消処分者講習です。 学科試験の結果と取消処分者講習の申し込み 取消処分者講習は、過去に運転免許の取り消し処分を受けた方が再び免許を取得する時に受講しなければならない講習で、連続した2日間で合わせて13時間の時間を要します。欠格期間中でも受講する事ができます。 府中や鮫洲の試験場か、いくつかの教習所から選べるので、その中から尾久自動車学校という所を選んで受講しました。1日目の時間は朝9時から夕方5時まで、東小金井から歩いて7分ほど、遅れないように8時半前に到着です。 取消処分者講習の申し込みについては以前書きましたが、仕事の都合で1度、日程の変更をお願いしました。自動車学校では無く試験場の方に連絡しますが、あんまり良い顔はしませんね。というのもこの講習、少人数の予約制、実車にも乗るし毎日のように行なわれてる訳ではありません。気軽に場所や日程を変えられてはあちらも準備等が大変ですからね。日程は確実に行ける日を慎重に選びましょう。 そんなわけで変更後に選んだ日は、台風が通勤時間帯に関東を直撃するのでは︎という心配の中ですが、今度は変更せずに行く事にします。幸い台風は早目に抜けてくれたので問題無く到着〜、同じく取消処分者講習を受けそうな方がチラホラいます。 こちらの尾久自動車学校、広くて建物もキレイでしたよ。持ち物は写真2枚、お金31,850円、筆記用具はボールペンを2本。 取消処分者講習の内容はといいますと ・運転適性検査の実…

続きを読む

学科試験の結果と取消処分者講習の申し込み

さて、合格発表までの間に1時間以上ありますので、ここで免許取り消しになった人にもう一つ必要な"取消処分者講習"の申し込みに行ってきました。 この申し込みは電話でも出来ますが、電話だと講習の会場が府中の試験場しか選ぶ事ができませんので、日程の調整も難しくなります。直接出向いて申し込む場合は以下の自動車学校からも選ぶ事ができるので、日程の幅も広がります。 ○ 尾久自動車学校○ 東急自動車学校○ 平和橋自動車教習所 僕は府中試験場のある武蔵小金井の隣の駅、東小金井から歩いて7分ほどの尾久自動車学校が交通の便も良さそうな事と、試験場から近いので何か有利な事があるのでは?という下心でそこを選びました。(内容はどこを選んでも同じという話しでしたが。) この講習は連続した2日間で受けなければなりませんし、何より費用が高い!31,850円!(支払いは講習時なので申し込み時には要りません。)取り消し処分になった人にはこの講習が大きな壁となっている事でしょう。しかも一年間という有効期限もあって、その間に何かしらの免許(原付可)が取れなければもう一度受ける事になります。前にも書きましたがしっかりとした、そして余裕のある見通しが立ってないと直接受験は難しいんですよね〜。 受け付けは3階だったかな?試験場の中でもひと気のない薄暗い場所にありました。何年も経って少し黄ばんだ運転免許取消処分書を出し(無い方は健康保険証などの身分証明書で良いようです。)日程を決めて受け付け完了です。薄暗いところにある受…

続きを読む