横浜ドライビングスクールの特定教習

特定教習の終了証は全国どこの免許センターでも有効だそうです。その為、特定教習があまり行われていない遠方からも東京に受けに来る事も多いようです。場合によっては40000円!なんて金額をとる所もあるそうです。 僕が受けた横浜ドライビングスクールの特定教習の料金は13550円。指定教習所の取得時講習と同じに設定されているのでとてもお得だと思います。 特定教習なら横浜ドライビングスクールへ 場所は鮫洲の駅を出ると右側に、歩いてすぐ 早く着いたのでまだ開いてません。 ちなみに横浜ドライビングスクールの横浜は教官のお名前。横浜にある自動車学校の分校か何かかと思っちゃう方も多いでしょうね〜。 必要な物は教習料金の13500円と写真が2枚、それと仮免許を忘れずに。小さな建物の一階には立派なドライシミュレーターがあり、受け付けを済ませたら二階で教習です。 こちらも狭いのでビックリするんじゃないでしょうか?しかしながら教習自体も1日に最大6人までという事なので十分ですね。暖房もしっかり入れてくれてますよ。 リンクはこちら横浜ドライビングスクール ホームページには鮫洲試験場受験専門との記載もありますが、特定教習の終了証明書は全国どこの免許センターでも有効なので全然問題ありません。ただし、有効期間は1年間です。 スポンサードリンク

続きを読む

取得時講習と特定教習

講習と教習の違い ・講習は免許を取ってから受けるもの。・教習は免許を取る為に、免許を取る前に受けるもの。 だそうです。名前が違うだけで内容は同じ。 さて、本免許の学科試験にも無事に合格し、残す試験は本免許の技能試験のみとなりましたが、そこで受かったら即交付にはならないんですよね。 "取得時講習" というのが義務付けられているので、どこかの教習所で受けなければいけません。内容は高速講習、危険予測講習、応急救護処置講習で料金は13550円。(医師や看護師の方などは応急救護処置講習は免除されて9800円になります。) 府中の試験場で紹介される"普通の教習所"で取得時講習を受けるんですが、これがいつ予約を取れるかわかりません。場合によっては1ヶ月先なんて事も?!積極的に開催している教習所は少ないようですし、もちろん毎日開催している所となると都内では皆無のようです。 ここで"裏ワザの特定教習" 試験場での説明では一言も言われませんが、"特定教習"というのを実施している所があります。この特定教習を事前に受けておくと、なんと!技能試験合格の当日に免許証の交付を受ける事ができるのです!こちらは毎日実施してる所もあります。 都内で特定教習が受けられる所と料金を調べてみますと ・新宿自動車学校  14000円     新宿、毎日実施。月曜日お休み。 ・横浜ドライビングスクール 13550円     鮫洲、毎日実施。教官の名…

続きを読む

取消処分者講習の内容とは?2日目の午後

この取消処分者講習、地方によっては仮免取得後でないと受けられない所もあるようですので(埼玉県など)、皆さん調べてから行って下さいね。東京の場合は仮免が無くてもいつでも受けられます。 本日のランチはこちら チェーン店も意外とある中、迷いに迷って今日の俺は中華!本場っぽい佇まいですが空いてます。お店が多い割には人が少ない印象の東小金井、入ってから食べログでチェックしてみるとチャーハンがうまい!夜の!ランチは作りおきっぽいそうです。チャーハンと豚肉ラーメンのセット頼んじゃいました…僕的には異国の味がしてうまかったですよ〜 それでは取消処分者講習2日目、午後の部いってみましょう。 午前に引き続き実車による実習から。雨も降ってきちゃいましたが気になる降りではありません。府中での試験が雨の場合もありますからね、良い経験です。縦列駐車、方向転換も含めた総合運転は、遠い過去に自動車学校で習った事の総まとめのような濃い内容、実戦に沿った形です。昨日から感じていた事ですが、やっぱりこの講習、免許の再取得のタメにすごい後押しをしてくれてる感じです。 もちろんこちらの尾久自動車学校で取消処分者講習を受けた人が再び重大な違反をすると、尾久自動車の警察からの評価が下がります。そういう事情があるにしても、優良ドライバーの育成にとても親身になって取り組んでいるのではないでしょうか? とても充実した尾久自動車学校での実習でした。 その後は危険運転に関するビデオと講習、かもしれない運転の必要性、他には外…

続きを読む