府中試験場での本免技能試験1回目その6

府中試験場での本免技能試験、最後の人は交差点の右折で立ち往生しそうなところで

「スムーズに進んで!!」

と指示を受けて(というか怒られて)無事に?試験場まで戻ってきました。この時点でまだ合格ラインに居ると最後の課題、方向転換か縦列駐車のどちらかが受けられます。

試験場に到着、トイレ休憩をすると

「1番と2番の人は車に戻って、3番と4番の人は待合室で待って。」

ん?これは?最後の課題が受けられるって事かな?2番目の女性に

「受かったって事ですかね?」

「まだ分からないですね。」

合格の自信は無いんですよね。車の中で不合格を伝えられて帰らされるのでは?全員不合格?などと。

車に乗り込むと、おもむろに試験官の運転でコース内のある地点に到着するなり

「あそこで方向転換して下さい。」

この試験官ぶっきらぼ〜っ!またしても心の準備も出来ないまま、僕の順番は1番…
プリウスの操作なんかにも触れましたが、慌てて発進出来ず…アクセル踏んでも進まな〜い。電源スイッチ、フットブレーキ、ギアを入れたのに、、、あ、パーキングを解除してませんでした、ギアを入れても入らなかったんですね。


なんとか発進し、向かって右側のスペースでの方向転換です。しっかり前に出て、窓を開けてシートベルトを外し、車庫入れの要領でバック、おっと、少しハンドルを切るのが遅かったので切り返し。なるべく右に寄せて入れた方が出る時に楽ですよね。確か4回までは切り返しても大丈夫なので切り返した方が良いでしょう。

方向転換の場合は「入りました」の申告は要りません。(縦列駐車の場合は必要です)そのままウィンカーを出して左に発進し、方向転換の終了です。2番目の方と運転を交代し、同様に方向転換。この方は斜めからの方向転換をしてました。

路上試験待合室に戻ると、残りのお二人と交代、おや?全員がまだ合格ラインに居るのかな?それとも試験官に弄ばれてるのかな?

結果…


*府中試験場での直接受験、通称一発試験の受験手順や手続きなどをサイトにまとめました。→本免技能試験の手引き書


スポンサードリンク


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック